加齢臭は何が原因?


加齢臭の原因について勉強しましょう。
まず、加齢臭とはカレーの臭いではありません。
40歳前後、いわゆる中高年特有の体臭であり、
女性は少ないものの男性女性問わず発生するものです。


原因はノネナールという物質の増加にあります。
男性ホルモンが皮脂腺を発達させ、皮脂が大量に分泌されます。
そのためノネナールが皮膚から発生し
加齢臭と言われる臭いが発生します。


ノネナールを生成させる物質は、9-ヘキサデセン酸というもので、
9-ヘキサデセン酸そのものには臭いはないのですが、
酸化分解されノネナールを発生させ、悪臭を放つようになります。
これが俗に加齢臭を言われるものなのです。


加齢臭予防としては、脂肪酸の分解を抑える抗酸化剤と
抗菌剤など、臭いを元から抑える対策を心がけましょう。


デオルの詳細はこちらから >>
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。